かすみがうら市 神立町

先日、屋根カバー工法した屋根材に雪止め取り付け致しました。

雪止めとは、屋根に積もった雪がいっぺんに地面に落ちることを防ぐために、屋根に設置する設備のことを言います。

実は、法律(民法第218条)で、「土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根その他の工作物を設けてはならない」ということが定められています。直接の記述こそありませんが、落雪についてもこの法律に抵触する可能性があります。

落雪のせいで隣家の庭木の枝が折れてしまった、といった小さなトラブルから、隣家の車の屋根に落雪して一部が破損してしまった、などの大きなトラブルまで……
もし何の対策もせず、隣家に落雪しトラブルになった場合、非常に不利な立場になってしまいます。そのようなトラブルのリスクを大幅に軽減させることができるのが、雪止めなのです。

屋根 外壁 雨樋工事の事なら笠間市の宮城建築板金まで問い合わせください。


一覧ページに戻る